10/17 はじめまして 三の軌跡めっちゃ面白かったです〜
メッセージありがとうございます!
面白かったですか〜!良かったです!!(*´ω`*)
もっと読みたい!って思っていただけて、とても嬉しいです。
三作目も頑張る力が湧きます!

09/23 お疲れ様です!!絵、ストーリーすべて好きです。
メッセージありがとうございます!
すべて好き…なんておっしゃっていただけて嬉しいいです。
「い」を一個余計に書いてしまうくらいです。

08/18 感動も感心も読み応えもありました〜
メッセージありがとうございます。
そうおっしゃっていただけて嬉しいです!

08/15 ただいま「三の軌跡」「鬼の棲む里」読み終わりました〜
メッセージありがとうございます!
一生懸命描いたことに間違いはないのですが、世の素敵BLに比べて、萌えが少ないのではとソワソワしておりましたので、ご感想いただけてホッとしております。
私も海軍、というより潜水艦が好きすぎて「三の軌跡」を描くに至りました。楽しんでいただけたなら嬉しい限りです。
三作目も、もっともっと萌えをお届けできるよう、楽しみながら描かせて頂きますので、ぜひまた覗いてやってくださいませ〜。

07/10 ああ、もう、大好きです!やっと〜
メッセージありがとうございます!
やっとここまで来ました!長かっ…た…。

06/20 ゆりのすけが可愛過ぎる。〜
メッセージありがとうございます!
食いしん坊一家故に…(笑)。真白なら、小さい方を食べたうえで、大きい方をまた二つに割るところですが(一応、小さい方をそのまま渡さないところが真白なりの優しさ)、由利之助は優しい子なのでそのまま大きい方を相手にあげます。これあげるから元気出して、という。

05/28 こんばんは。新しいTOP絵を見て〜
お返事不要とのことでしたが一言だけ。
この三人、当初の予定より出番が少なくなってしまって残念でしたが、大好きとおっしゃって頂けて、とても嬉しいです!
メッセージありがとうございました(*´ω`*)

05/22 かみあ様
メッセージありがとうございます〜(*´ω`*)
美形(設定)二人に見守られる町田くん。香坂の視線がまるで母のようになりました(笑)
鬼の里は、これから血なまぐさい展開になります。ラストまであと少し…それぞれ、めでたしめでたしとなるのか…
無理せず頑張ります!

05/16 かみあ様
メッセージありがとうございます^^
ご心配おかけしてすみません、大分快復してまいりました。
無理はしないようにしつつ、「鬼の里」」最終話と「三作目」進めていきたいと思います!
TOP絵も可愛いとおっしゃってくださってありがとうございます。由利之助、町田君、そして三作目の壱夜は、各作品のマスコット的キャラクターなので、描いていてとてもほんわかします。
大分気温が上がってきましたが、私の住んでいるところなどでは、朝にまだ肌寒さを感じたりします。かみあさんも体調を崩されませんよう(私に言われてもですが^^;)ご自愛くださいませ。

04/26 面白かったです!一気読みしました!〜
メッセージありがとうございます!
楽しんでいただけて、私も嬉しいです〜^^
最高なんて恐れ多いですが、そうおっしゃっていただけると、とても励みになります。日々の糧です!

04/08 始めまして!pixivで三の軌跡読みました〜
初めまして、メッセージありがとうございます!
感動したとおっしゃっていただけて、とても嬉しいです^^
古賀くんは、優秀な割に運がなくて、作中色々と苦労しておりますが、強運の町田君と一緒なら、幸せになってくれると思います。

03/25 かみあ様
お気づかいいただき、ありがとうございます〜
3月は、特にこれといった行事がなくても、何故だかバタバタしますよね。あっという間に4月でございますよ…。かみあさんもお忙しいようなので、お疲れの出ませんよう。
早く漫画をあげたくてうずうずしておりますが、あせらずにボチボチ進めるようにします^^

02/13 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます^^
一度終わってしまった二人の恋が、再び花開く時は来るのか…。自分に罰を与え続けることが、悠士狼にとっての罪滅ぼし、悠士狼を想いながら、想いを遂げず見守り続けることが堅吾にとっての罪滅ぼし。そして…?
悠士狼のように、役目で自分を保つというのは、現実でもありそうですよね。海軍の話でも、艦長として海に出ているときは、同期の親友の訃報を聞いても「ああ、あいつもいったのか」くらいの反応なんですが、陸に上がったとたん、寂しさがこみ上げてくる…という。「辛いのに仕事に打ち込んで偉い」のではなく、仕事に打ち込んでいる間は辛さと真正面から向き合わずに済むというか。
何にしても、悠士狼は救われるのか、救うとしたら誰なのか、続きは遅くなりそうですが、頑張ります〜!

02/12 spring様
いつもメッセージありがとうございます^^
一気に鬱々とした展開になっております、鬼の棲む里(^^;)
堅吾と悠士狼も、軌跡のラストのように、ほのぼのラブラブできるのか?
ちょっと遅くなるかもしれませんが、頑張ります〜!

01/19 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます^^
一気に血なまぐさい感じです。
征二狼、理一曰く「ちょっと短気」。短気は損気とはよく言ったもので…。
真白はなかなか出番なくてなんなのですが、
これからカッコいいところ見せていっていただきたいと思います。

01/06 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます^^
今年も宜しくお願いします!
「鬼の棲む里」、完全に描き方忘れてて、手探りながら描き進めております。
悠士狼は、基本的に自分責める型のネガティブ思考ですね…。
自分を許して幸せになれる日は来るのか、続き頑張ります…!

01/02 続き楽しみにしてます!
ありがとうございます!頑張ります!

12/31 かみあ様
新年あけましておめでとうございます!

約70年、苦楽を共にした二人、今でもラブラブです^^
艦長の中で、「こういう風にあらねば」みたいなものがあって、それを指針に頑張ってきたわけですが、春の前では子供のように素直に甘えてもらえればと思います。若い頃は、春の前でも「格好良くありたい」みたいなのがあったと思いますが、だんだん素の自分を見せられるようになるといいな〜。優木は、もしかしたらまだいないかも…。いや、いるかな…?その辺は…今後…!三作目についても今後お楽しみに〜!スキンヘッド確かに(笑)。いつでもひょうきんで力強いところは、花井君と町田君を足して二で割った感じかも。そして泣き上戸です。

メッセージありがとうございました〜。
今年一年が、かみあさんにとって、幸多き一年になりますよう、お祈り申し上げます。

12/31 「おじいさんはその後…」クリックして〜
新年あけましておめでとうございます!

ここで「花びらのように散りゆく中で〜♪」と流しましょう(笑)。
ホント夫婦ですね、この二人は…。

メッセージありがとうございました!
今年一年が、あなた様にとって、幸多き一年になりますよう、お祈り申し上げます。

12/30 かみあ様
メッセージありがとうございます〜!
そうなんです…お別れはあまり描かない方がいいんだろうなと思いつつ、どうしても艦長と國春の邂逅を描きたくなったので、描いてしまいました。あの小話は、艦長の晩年くらいです。再会まであと少し。ということで、小話の後に、その後の艦長のページを追加しましたので、宜しければ^^ そして、國春君は艦長の教えを守って立派な人になれたのか?もお楽しみに〜。
町田君と古賀君は、こんな感じでドタバタやってます(笑)。実のところ、私もこの二人のエッチなシーンが想像できなくて、どうしようと思っていたのですが、何とかそういう雰囲気になってくれました。よかったよかった。この後も、二人で手さぐりしながら歩んでいくことでしょう。
本当は誕生日9月なんですが、友達となかなか会えなかったのでこの時期になりました。でも嬉しいものですよね。いつも、具体的で心温まるメッセージをありがとうございます!おかげさまで、創作頑張って来られました。かみあさんと大切な人たちが、幸多き年をお迎えできますように。来年も宜しくお願いいたします〜。

12/26 spring様
いつもメッセージありがとうございます!
一週間のうちに、といいつつ、一日で描けてしまいました。珍しく早い…!嬉しい!そんなわけで、一日中、漫画を描いて過ごすという、とても充実したクリスマスを過ごしました。クリスマスとしてどうかは置いといて(笑)。springさんはいかがでしたでしょうか。
そうなんですよね…愛する人といえど、死ぬ時は別々…。春臣さんは、とても穏やかな晩年を過ごしました…。小話その後の艦長のページを追加したので、宜しければ^^
雰囲気は打って変わって、古町の二人。こんな感じでドタバタしてます(笑)。弓春がしっとりカップルなら、この二人はにぎやかカップルですね。おもに町田君が。
今年も残すところ、あと1日。いつも温かいメッセージをありがとうございます!springさんと大切な人たちが、幸多き年をお迎えできますように。来年も宜しくお願いいたします〜。

12/20 そうなんですね、艦長と春さん幸せに〜
そうです〜^^
こんな感じで、キャラクターの老後まで考えちゃいます。
きっと、三作目のキャラ達にツッコミ入れながら、一緒に見守ってることでしょう。お楽しみに〜!私も、ワクワク妄想しながら、小話と鬼の里の続き頑張ります。
メッセージありがとうございました〜!

12/18 三純さんにまた、会えて嬉しいです。〜
メッセージありがとうございます!
春臣さんが亡くなってから、艦長が春臣さんのところに行けるまで5年、二人は同じ年齢で旅立ちました。今回、キャラ年表を書いていて、「この二人、生きてる時期が被ってるな」と思いついたので描きました^^ 國春さんは三作目の重要人物です。

12/12 あ、あの……こんなこと……〜
メッセージありがとうございます!
いえいえいえ、困るなんてとんでもない!
あの絵は、結構思った通りに描けたと思っていたので、好きとおっしゃっていただけて、とても嬉しいです。
そんな嬉しい言葉を人にかけてくださる貴方様こそ、生まれてきてくださってありがとうございます!

12/10 spring様
いつもメッセージありがとうございます〜!
そうなんです、しかもあのパイは町田君の身代わりです(笑)。
大砲ということは、海軍で言う砲術、今は砲雷になるのかな?あの海の人独特の時間の言い方、何か好きです。家から海が見えるって良いですね〜!私も海は近いのですが、工場に阻まれて見えないんです〜。
ふじょきん様の方では、最初、管理人様が定期的にUPしてくださっていたのですが、私の更新速度が遅すぎて、定期更新ができなくなったのでストップしてそのままなんですよね。自分で勝手に更新していいのかな〜と思いつつ、そのままになっていたのですが、springさんのような方がいらっしゃることを考えると、更新した方がいいかもしれませんね。続きを気にしてくださって、サイトまで来ていただけて嬉しいです!
「鬼の里」や「三作目」も、ぽろぽろ描いていきます!
springさんも、雪とか…毎年のこととはいえ、ニュース見てると、気象だけに気性が荒くなってる気がするので(…)お気をつけて〜!

あ、今のはスルーでお願いしまーす(笑)。

12/06 かみあ様
ありがとうございます!
香坂はまじめで優しくって、エロい人です(笑)。
凛とした人のエロは…最高だと思います。

12/01 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます!
「鬼の棲む里」はこれから血なまぐさい展開になっていきます…
が、最後はハッピーエンドです!
それにしても、褒めすぎですゲヘヘ(*´v`*)
ちびっこたちは、思わずギュッとしたくなるようなマスコット的愛らしさを目標に描いておりますので、そうおっしゃっていただけると……

計画通り(悪い顔)

続きもモソモソ描いていきますので、宜しくお願いします〜!

11/20 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます〜!
アンケートの追加OKです^^ 結構二人ともぽやっとしてるので、今のうちから老後になっても、同じように窓際でお茶してそうです。
夏生(なつお)はメカニックというか、設計から組み立てから修理まで、機械全般扱う人です。作業服が橙なのは、すみません、趣味です…。ある方が着てた橙のツナギが好きで。レスキュー隊員とか消防隊員とかの制服カッコいいですよね…!
幼いころからあの無表情のため、友達が出来にくかった艦長にとって、優木は唯一無二の親友で戦友でした…。町田君や古賀君たち、友人は増えたけど、優木はずっと特別な存在です。(そんな存在を奪ってしまって申し訳ない…)
壱夜とユーキについては…ムフフ、まだ秘密です。続きは三作目の…中盤で!(遠い)ユーキは優木なのか、本人か親族かはたまた?そして壱夜は何者なのか?早く…描きたい!(>∀<)ガマン…
そして、舵が骨だけの話、実話なんです。航海中に攻撃受けて、ひとまず航行には問題なさそうよかった〜って、日本に帰ってきて、見てみたら「あれっ?」って。いまだに、何故それで帰ってこられたのか分からないそうです。偶然という名の奇跡…。
由利之助久しぶりに描きました〜(変換面倒な漢字ばかりですみません^^; 名付けた時はちゃんと意味あってあの漢字にしたのですが、おかげで通常変換できない…。平仮名で十分ですので!)。聖と征二狼については…ムフフ(以下略)。今、次の話の絵コンテ中ですので、お楽しみに〜!

11/19 Spring様
いつも、メッセージありがとうございます!
そうなんです、こっそり出てましたお兄さん(笑)(実はゲームにも出てます)(宣伝)
結構歳離れてますね…8歳くらい?(適当)。
お家に潜水艦の本があるとは、もしやお父様は元潜水艦乗り…?
私の漫画で、潜水艦や当時のことに興味を持ってくださったら、とても嬉しいです!ぜひ、読んでみてくださいませ〜^^

11/19 面白かったです。続きが〜
メッセージありがとうございました!
「三の軌跡」に関しては、一応次の小話で更新一区切りの予定ですが、「鬼の棲む里」はこれから本編再開、ちょくちょく「三作目」の宣伝と描き慣らしが入ります〜。
そちらも楽しんで頂けると幸いです^^

11/17 三の軌跡、完結おめでとうございます!とてもキュンキュン〜
お祝いありがとうございます〜!
おお…!ミリタリー好きの方にしろ、歴史好きの方にしろ、楽しんでいただけるような作品になっているか不安だったので、そうおっしゃっていただけて嬉しいです!こちらこそありがとうございました〜^^

11/16 三の軌跡小話キタ〜\(^-^)/〜
ありがとうございます〜!
春臣さんの呼び方は、「なおくん」と思ってましたが、一人だけ特別な呼び方、いいですね!それで行きましょう!
三作目も楽しんで頂けるよう頑張ります〜^^

11/14 かみあ様
メッセージ&アンケート回答ありがとうございます!
艦長、初めてのはっきりした笑顔ですが、下描き以上のものが描けなくて、何回も描き直しました^^; なんだか…見慣れないせいか、何度描き直してもなんか違う!ってなってしまいました。
春臣さんは、艦長をいい方向に持っていくエキスパートですね。かゆいところまで手が届く!お互い尊敬し合える関係って、私的にとても理想な夫婦像なので、そんな二人になりますように、と願いを込めました。
そして、学生時代に思いを確かめ合ってから、コツコツ関係を築いてきた先輩カップルと違って、後輩カップルは、まだまだこれからなので、頑張っていただきたいと思います^^
色々ご教示いただく先輩カップルがあんな感じなので、最終的にはリバってもおかしくないですね!リバったら、町田君、潜水艦の操縦みたいにしっかり手順踏みそうで、(「角度良し!」「…せめて声に出さずにやってくれます?」みたいな)古賀君は余計に恥ずかしいと思います。
町田君ももちろん、夜のことは信頼する人にしか相談はしませんが、春臣さんはもちろん(医者でもあるし)、瀬名君も、学生時代から、町田君が自覚なく古賀君を見てたことを知ってるので、色々教えてくれます。基本、瀬名君は世話焼き大将です。

ラストのコマの写真、本当は乗員全員分(100人くらい)入れたかったです。大艦(500〜3000人強)だと、一人くらいさぼっても分からないかもですし、全員のこと覚えてないと思いますが、潜水艦では一人一人が重要で、全員が一人以上の仕事をしないといけないので、一体感も大艦のそれとは全く違うのではないかと思います。家族以上の家族、同志、戦友。映画などで、一緒に戦った仲間がそれぞれ違う道進んでいくのを見ると「分かれちゃうの〜?(泣)」ってなるのですが、そういう、寂しさ交じりの静かな余韻を残せていたらいいな…。と思いつつ、ラストの前が艦長のお尻に指突っ込む図なので、センチメンタル…かなあ?って感じになっちゃいますねwww
そしてトップは久々の三馬鹿です。「鬼の棲む里」、そして三作目も、楽しんでいただけたら幸いです〜^^
漫画描く作業は、やっぱり大変なのですが、描きあがったときの達成感と、「面白かった!」と感想頂けたときの嬉しさは、もう「やめられない止まらない♪」です!

11/10 かみあ様
お祝いありがとうございます〜!
アンケート、とりあえず今月いっぱいくらいは置いておこうと思いますので、またご都合の良いときにでも!のんびりワクワクお待ちしてます〜^^
(ホントご無理はなさらず)

11/06 とも様
メッセージありがとうございます!
三純艦長と町田君、二人の主人公のお話楽しんでいただけて嬉しいです。
色々と描き残していることもあるので、ちょこちょこ小話更新していければなと思います。艦長受けも余力があれば…!
「鬼の棲む里」、そして三作目も楽しんでいただけたら幸いです〜!

11/06 sloth様
メッセージありがとうございます!
私自身、初めて長編漫画を完結させられて、ホッとしています。
詳しくはあとがきで語ろうと思いますが、死と隣り合わせの世界だからこそ生まれる何かもあったかもしれません。実際の戦記や体験談を読んでいると、創作物よりもずっとずっと深いドラマがあって、ほんのちょっとだけでも、そういう部分を描けていたらいいなあと思います^^
艦長ついに受けてしまいましたね。実は私、リバを描くの初めてなんですが…艦長と軍医長は、なんだか自然にそうなってました(笑)。艦長が受け受けしいのがいけないのか、軍医長が男らしいのがいけないのか。でも、受けても攻めても、二人は幸せいっぱいなので問題ないですね!
町田君と古賀君の小話も何か描きたいです〜。一応古賀×町田ですが、逆でも違和感ありませんね!この話の2CPはどちらも受の方が男前(笑)。
クジラが潜水艦に恋する話は読んだことあるのですが、「クジラの彼」は存じませんでした。今度読んでみたいと思います!おススメありがとうございましたv
「鬼の棲む里」、そして三作目も楽しんでいただけたら幸いです!

10/31 Spring様
メッセージありがとうございます!
あの「春臣」は密かなキュンポイントでした^^
普段と違う呼び方っていいですよね!

10/30 かみあ様
こんにちは!いつもメッセージありがとうございます。
そうなんです、普通の答えでしたね(^^;)
そのうち、香坂君は落ち着いて有難味のあるお坊さんに、花井君は、親しみやすいお坊さんになると思います。町田君にとっては、「親友の彼氏 兼 元部下」ですね!花井君は、町田君のことを「尊敬すべき上司…だけど強すぎてちょっと怖い」と思ってます(笑)。

元軍医さんですか!昔は私の周りにもいらっしゃったんだろうな〜。前に、手術も数こなすことが大事という話を聞きましたが、やっぱりそうなんですね。
軍医さんと言えば…。
ある艦で、暇な方がいいと言ってた軍医さんが居たのですが、敵の攻撃にあった時、遺体と重傷者の中で黙々と手当てしながら、「ほら、やっぱり私が暇な方がいいでしょう」と語る話があって、かなり印象に残ってます。
あと、私が「三の軌跡」を描く際、とても参考にさせていただいた本の中に、「鉄の棺」という元軍医さんが書かれた本があるのですが、軍人さんの戦記とは視点や雰囲気が違って面白いです。

蛍のシーンは、1話の巡航のシーンとリンクしていて、懐かしさと寂しさ入り混じりな感じです。巡航とは、兵学校でのキャンプ的なものなのですが、当時、炎を囲んで談笑した仲間の中には、もう二度と会えない人も居るわけで…。特に艦長が寂しげなのは、そういうことです…。
町田君は、潜水艦に乗れないのは寂しいけど、どんな時でも前に進める人なので大丈夫です(^^)

「三の軌跡」本編も、あと7P、しっかり描き切って行きたいと思います!
最近、冷え取り靴下なるものを買ってみたのですが、とても温かいです。かみあさんも暖かくしてお過ごしくださいね〜。

10/24 終わっちゃうのですね(;_;)
メッセージありがとうございます!
本編終了後、小話何個か考えてますが、一応ここで終了ということで…。宜しければ、「鬼の棲む里」、そして三作目も楽しんでいただければ幸いです^^

10/23 はじめまして。三の軌跡は始まったときから〜
メッセージありがとうございました!
お返事不要とのことでしたが、御礼だけ…。
ついでに、自分で気づいてたところも直しました!
また何か見つけたら、こっそり教えていただけると幸いです。

10/22 終わっちゃうの寂しいです〜
メッセージありがとうございました!
一応、新直の予定ですが、先輩CPがアレなので、
最終的にどうなるかは…お好みで!^^
二人の夜…小話で描けたらいいな〜

10/18 Spring様
メッセージありがとうございました!
それほどまでに気に入っていただけてるなんて…
申し訳ないくらいに有り難いです。
5話の二人っていうと町田君たちですよね?
あんまりCPっぽいところ描いてないので、
何か小話でも描きたいですね〜^^

10/10 こんばんは、初めまして。いつも楽しく〜
メッセージありがとうございました!
お返事不要とのことでしたが、ひとことだけ…。
とてもとても嬉しいです!本当に、創作の原動力です。
むしろ生きる力です(重い)。
あなた様も風邪など召されませぬように^^

10/05 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます〜!
実際の潜水艦作戦で、行けば撃沈確実の任務に赴くことになって、仲間の艦が順々に消えていく中、自分の艦が命令を受けるまではと、あたりをぐるぐる回って、何か方法はないか、部下をこんなことでおめおめ死なせるのか、と苦悩する艦長の話がありました。命令されれば、軍人としては従わざるをえませんが、悔しい思いを抱えながら散って行った人たちがたくさんいたんだろうなあと、考え込んでしまいました。(ちなみに、この艦は間一髪で作戦中止となり、九死に一生を得ました。)
回天のことを思うと、艦長の言葉は本当に綺麗事にしかすぎないのですが、これからを生きるためには大事なことでもあります。綺麗事を信じることが「希望」だと思います。彼らを死に仕向けたのは、国であり、軍であるので、艦長としては複雑な気持ちです。
お、重いお返事になってしまった…!
えーと、艦長は基本的にのほほんとしてます。のほほんというかぼんやりというか…。任務についてないときは、そんな感じです。一日中アリの巣を眺めてたり出来ます。
花井君は、転出⇒術科学校(航海)⇒で、38潜の航海長として戻ってきました(5.5話)。普通あんまりないと思いますが、せっかくなので戻しました(笑)。潜水艦に関しては、航海長が必ずしも航海科である必要はないんですが、続いちゃいました。
もうちょっとで答えのページですね。すごく長引かせてしまいました…。

10/03 もう最終話なのですね〜
メッセージありがとうございます!
ですね〜。
第一話掲載開始が2014年の9月下旬なので、
かれこれ2年ちょい描いてきたことになりますが、
無事、最終話まで漕ぎつけられてホッとしてます。
小ネタなども描けたら描きたいですね〜。
でも次の話も早く描きたくてうずうずしております。
その前に「鬼の里」ですけど!描きたいものたくさん!

9/21 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます!
長らくお待たせしましたが、ようやく最終話始められました。
かみあさんの予想、とてもいい線行っています。
答えをお楽しみに〜…って、全く大したことじゃないんですけどね。
町田君の共通点には、私全く気付きませんでした(^^;)
コメントいただいて初めて、「ホンマじゃ…!」となりました。
そういえば、○○の中身、町田君の好きなタイプにも
当てはまるものでした。
ということは、町田君と花井君が好みが似… (゜▽゜;)

8/30 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます〜!
TOP絵、まだ38潜に居る時の、内緒話してるイメージでした。
珍しく?イメージ通りに描けた気がする一枚です(*^-^*)
花井君は○○…は、最終話をお楽しみに〜。
彼氏、艦長、そして古賀君に共通する何かです。
あ、そういえば、三人ともA型でした。新たな共通点…。
古賀君も、いざというときは…きっと…頑張ってくれると…!
その前に、町田君が全力で空振りするので、
如何ともしがたいですが(笑)。
「鬼の棲む里」も、とりあえず一個ずつ集中していこうとして
長いこと更新止まっている状態なので、頑張りますね〜。
三番目の話も構想中ですし…。
うーん、自分が三人くらいほしいです。
でも、多分三人居ても、全員だらだらしてる気がします(笑)。

8/26 いつも更新楽しみにしております!!〜
メッセージありがとうございます!
そうなんです、艦長は背が高いんです^^
筋肉ムキムキ体型ではないので、大きいというか「長い」という印象ですが(笑)。
町田君は、全体的に平均なので、本来なら165cm前後なのかな〜と思うのですが、今の感覚で行くと低すぎるので、5cm盛っちゃいました。サイズといい、特技といい、潜水艦ジャストですね!

8/22 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます!
メッセージは気が向いた時、お時間のある時にくだされば、それだけで私は幸せですので、お気になさらず〜^^
花井君は、○○○で○○○○人が好きです(答えは最終話で)。相当羨ましかったんでしょうね(笑)。というか、花井君と同時期の兵学校在籍者が大変(笑)。めっちゃ見られてる…!
町田君は、精神力と潜水艦力がずば抜けているんですが、本人からしたら「普通だろ?」という感じで。ちなみに、花井君にも負けてます(身長その他色々)。
あと、古賀君は純情ヘタレBOY(花井命名)なので、下ネタが苦手です。艦長も苦手です。春臣さんは、普段はあまり話しませんが、話すときは、まるで天気の話でもするかのごとくさらりと話します。
「バッテリー」の舞台、岡山なんですね。岡山といえば横溝正史…を思い出すのですが、それはさておき、岡山弁と広島弁。たぶん、「じゃ」を使うあたりが似てるんだと思います。岡山は関西寄りなので、関西っぽさが混じってて面白いです。
ちょっと調べてみたのですが、広島弁で「〜しなさい」は「〜しんさい」もしくは「〜しんちゃい(子供などに)」なのですが、岡山弁では「〜せられぇ」というらしいです。県境とか、どの辺から切り替わるのか気になりますね〜。
ハイキューは、面白いし、キャラも大好きなのですが(特別じゃない人たちがとても愛しい)、紙という平面から湧き立つような熱をひしひしと感じて、漫画としてすごいなあと思います。勉強になります!

8/7 町田くんと古賀の二人がかわいすぎて〜
メッセージありがとうございます!
艦長と軍医長が安定の熟年カップルだとしたら、
この二人は微笑ましい高校生カップルというところですね。
残すところあと一話、楽しんでいただけたら幸いです!

7/22 すごくすごく面白くて全話一気に〜
メッセージありがとうございます!
「すごくすごく面白い」って、最高の褒め言葉ですね。
私には勿体無いお言葉ですが、とても嬉しいです。
描いてきて良かった!って思います。
これからも宜しくしてやっていただけると幸いです〜。

7/22 やっと気持ちが通じた二人のお話し〜
メッセージありがとうございます!
ここまで長かったですね〜。
連載として1年半、二人の出会いからは10年。
一応、次のお話で本編終了なので、頑張りますね〜!

7/20 かみあ様
いつもメッセージありがとうございます!^^
方言、可愛いですよね!北から南まで、よりどりみどりで…。最近「ハイキュー!!」にハマったのですが、宮城も可愛いですねv
ご心配お掛けしましたが、頭痛は2日くらいで良くなりました。それからは、気をつけていつもより多く肩を回したり、眼球運動したりしてます。新しい漫画、意外とペン入れが早く終わったので、すぐUP出来たのですが、倒れたら逆に時間勿体ないので、無理しないよう、ご心配おかけしないよう、気を付けますね〜。
5.5話のガチンはみんなに見られちゃいましたが、大丈夫です!花井君にからかわれても、古賀君側も反撃のネタ持ってるので…(笑)。その辺、最終話に入れられたらいいな〜。ド天然さんは、古賀君がいつもツンツンしてて「嫌われているのか…?」と思っていたのでホクホクしてます。
「ジョーカー・ゲーム」に潜水艦出てくるのですね!ドイツってことは、4話のネタ元にもなってる遣独潜水艦作戦絡みかな?5回中1回しか往復成功してないんですよね…。スパイの彼が乗った艦は、無事帰ってこられたのか…。その話も含め、アニメ2期やってほしいです。あと、広島弁の使い方はそれで合っとるけん、心配せんでええですよ〜^^
看護長の話もぼちぼち書いて行きますね〜!
竹を割ったような性格で、細かいことは気にしない町田くんですが、意外にも…?

7/16 更新楽しみにしていました!ようやく〜
メッセージありがとうございます!
艦長と春臣さんは登場時すでにくっついているので、
現在軸でいうと初CP誕生となりました。
(花井くんも居ますが、メイン枠という意味で)
方言についてご指導ありがとうございました!助かります〜!
「こげん」と「こがん」で迷いましたが、
調べる限り長崎では(あ、長崎って言っちゃった)
「こがん」の意見が多かったので、こっちにしました。
10年ですか〜!辛いですね…。
眼の奥まで痛くなると、リアルムスカになりますよね。
目が〜目が〜!って。意識して休まないとですね。
貴方様も、お疲れのでませんように…。

7/14 かみあ様
いつも温かいメッセージを下さり、
本当にありがとうございます!
ご心配お掛けしまして、すみませんでした(´ω`)
今まで眼精疲労から来るんだろうと思っていたので、
(もちろん目からもあるでしょうが)肩だ!と言われて
すっきりしました。原因が分かれば対処できますしね〜。
趣味でも漫画でも掃除でも、いつも熱中しすぎて、
気づいたら体調崩してることが多いので、ホント気を付けます。
意識的に休むようにしないといけませんね。
特に、今は季節的にも崩しやすい時期ですし、
かみあさんもお気をつけて…(私に言われてもですが(笑))
ちっちゃい艦長のページは、私自身描いてて癒やされました。
早く春に追いつきたくて一生懸命背伸びしてるの図です。
身長伸びてよかったね…。
お互いにお互いを尊敬してる、私の理想的なカップルです。
ハラハラな展開や悲しいお話もありますが、
基本的には「萌えと癒やしを」がモットーのサイトなので、
温かさを感じていただけたなら本望です!
看護長の小話も、何か描けたらいいな〜と思います^^
腐男子目線の乗員たちとか。
とりあえずは5.5話からですね〜。
無理のないよう、ちまちま進めてますが、
もうちょっとでUP出来ると思います!

7/4 町田さんと古賀君が生きてまた〜
メッセージありがとうございます!
この古賀くんのエピソードは、
かなり初期からずっと描きたいと思っていた話だったので、
やっと描けてホッとしました。
もし、町田君やド天然のような考え方に触れていなければ、
彼の運命も違うものになっていたでしょう。

ちなみに、ページの関係で飛ばしてしまったのですが、
春臣さんが転勤することになって
艦長「そろそろ陸上勤務に移るか?」
春臣「いんや」
艦長「(そういうと思った…)」
で、町田くんの艦に推し、やって来た春臣さんを見て
町田「いよいよ艦を沈める訳には行かなくなりましたね…」
となるエピソードが間にありました。
なぜ艦長が公務員の人事に口を出せるのか。謎です。

春臣さんは、「すごく精神的に大人な人」のつもりで、
ちゃんとそういう風に描けているのか心配なのですが、
お言葉いただけて、ホッとしました〜。
艦長が町田くんのことをとても気に入っているので、
春臣さんも兄のような気持ちで接してます。

最終話は終戦〜その後の話になりますのでお楽しみに〜。
…の前に5.5話ですね!もりもり描いて行きます〜。
艦長描いてると癒され、町田君描いてると元気になります。

7/3 世界観やキャラクターが大好きです。〜
メッセージありがとうございます!
世界観好きとおっしゃっていただけて嬉しいです!
二人が幸せになれるように続き頑張りますね〜(´ω`)


HOMEにもどる